顔のトラブル」カテゴリーアーカイブ

首のシミはキスマークに勘違いされて困る

私には首元に直径1センチくらいの薄めのシミがあります。シミが現れ始めたのは20代後半くらいです。

まるでキスマークのような位置と形になるため、よくまわりの友達に勘違いされてしまいます。

困るのは職場や彼氏にも勘違いされてしまうことです。

まぁ、しばらく月日が経てばいくらたってもそこに消えないのでそれがシミとわかってもらえますが、こうした勘違いは人間関係の崩れにも繋がりかねないので、美容だけの問題ではなく本当に困ります。

また、首元は日焼け止めクリームをつけるのを忘れがちでになります。

そうなると、シミが広がる可能性もあるので、気をつけたいところです。対策としてファンデーションやコンシーラーを塗り隠します。

最近はコンシーラーもファンデーションションもスティックタイプものがあったりで簡単に継承ができるようになり大分らくです。

ただ首元にファンデーションを塗ったことを忘れて化粧落としで首元を洗うのを忘れないように気をつけてください。

最近はお風呂上がりに、顔だけではなく化粧水と美容液をつけるようにしてます。

今あるシミはおそらくレーザーを使って消すしかないと思いますが、そこまではしたくないので取り敢えず隠すことと、これ以上同じようなシミを増やさないように日焼け止めクリームなどを塗って対策しています。

顔のシミに関して

元々、顔のパーツでも鼻周りは皮脂が多く、口周りが乾燥しやすいタイプで、顔のシミに関して気になりだしたのは20代半ばからの女性です。

中学生くらいから、日焼け対策に値段の安い日焼け止めは夏には塗っていましたが、日に何度も重ね塗りするような事はしていませんでした。

中学は運動部だった為、真っ黒に日焼けしながらもシミを気にした事はなく、高校に入ると文化部に。

それでも美白ブームから日焼けするのは嫌で夏には日焼け止めは塗っていました。

大学卒業後くらいから目元のシミが気になりだし、働き始めて経済的に余裕が出来ると、錠剤のシミ、肌荒れ用の薬やシミ消し用クリーム、ドラックストアで勧められた顆粒の飲むタイプのシミや美白に効果的なものなど使ってみました。

が、どれもすぐに効果的があらわれるものでもなく、少しの期間使ってうやむやになりました。

今は、日焼け止めと保湿はスキンケアとしてしていますが、シミに関してはこれといって対策をしていません。

そのせいか、妊娠した為かは分かりませんが、最近は以前にも増して目元のシミが増えたように感じています。

下地クリームとファンデーションを塗って化粧でシミを誤魔化してはいますが、朝の洗顔の時に素肌をみてがっかりすることもしばしばです。

私のしみについて

私は生まれつき色がとても白いので日焼けするとすぐ赤くなり痛くなります。

両親とも色が白く間違いなく遺伝なのですが、白いとしみが目立ちます。

私はオーストラリアのビーチリゾートに1年間住んでいた経験やサーフィンを18歳のころから初めて、だんだん焼けて赤くなるだけじゃなく、人並みに焼けて色が黒くなったりもするようになりました。

そんなことを5年ほど続けて、3年前に海遊びは卒業したのですが、2年前から体中しみやほくろが出来るようになりました。

特に腕や足はまんべんなくしみほくろがあります。顔にはしみができるようになりました。以前は白くてきれいな肌で良く褒められていたのに最近は全くもって何も言われなくなりました。

焼いていたときは面倒くさくて日焼け止めを塗らなかったのがもっと悪さをしてるのではないかと思います。

年齢的には25歳を過ぎると今まで自分がしてきたことが肌に表れ始めると思います。

日焼け止めはあまり塗らなかったけど、スキンケア(顔)はわりとこまめにしていたつもりなので(疲れてるときはしない日もあったが)やはり日焼け止めが一番のネックだと思いました。

しみができてしまってから、高級化粧品を試しましたがどれもきいてるようには思えません。

まだ二十代なのに

私の顔には十代の頃から少しずつシミが増えています。

スキンケアを始めたのはニキビが酷くなり始めたのは十八才の時からですが、スキンケア用品や化粧品が肌に合わず逆に肌を荒らしてしまう結果になってしまいました。

おそらくこれが後にシミが出来てしまった原因の一つだと思います。

当時初めてということで化粧水を塗ったところが痒くなったり赤くなったりしていても「こういうものなのだろう」「夏だから日焼けでもしてしまったのだろう」と気にしないで半年ほど使っていました。

親に言われて初めて私には合っていなかったのだと知り、自分に合うスキンケア用品を探したのですが混合肌で敏感肌な為になかなか自分に合うものが見つかりませんでした。

その間にも試したスキンケア用品によって肌は荒れていく一方でいっそのこと何もしない方が肌の調子が良かったのではと思う程でした。

やっとのこと自分の肌に合うスキンケア用品に出会えたのもつかの間、今度は就職活動が始まり化粧をしなければならないので自分に合った化粧品を見つけてこなければならず正直うんざりしました。

学生の頃とは違い社会人として化粧をしないのはさすがに恥ずかしいので渋々ネットで探してみたり、店員さんに相談してみたりしてやっと見つかったのですが、その頃には合わない化粧品と就職活動のストレスで肌がさらに荒れてしまいいつの間にか顔にシミまでもが出来ていました。

もちろん、私の日々の生活習慣が悪かったことも原因の一つではあると思いますが、自分の肌質をきちんと理解できずにいろいろ試しすぎてしまったのも原因なのではないかと思います。

今思えばちゃんと自分の肌の状態を確認しパッチテストをしてからにすれば良かったと後悔しています。