まだ二十代なのに

私の顔には十代の頃から少しずつシミが増えています。

スキンケアを始めたのはニキビが酷くなり始めたのは十八才の時からですが、スキンケア用品や化粧品が肌に合わず逆に肌を荒らしてしまう結果になってしまいました。

おそらくこれが後にシミが出来てしまった原因の一つだと思います。

当時初めてということで化粧水を塗ったところが痒くなったり赤くなったりしていても「こういうものなのだろう」「夏だから日焼けでもしてしまったのだろう」と気にしないで半年ほど使っていました。

親に言われて初めて私には合っていなかったのだと知り、自分に合うスキンケア用品を探したのですが混合肌で敏感肌な為になかなか自分に合うものが見つかりませんでした。

その間にも試したスキンケア用品によって肌は荒れていく一方でいっそのこと何もしない方が肌の調子が良かったのではと思う程でした。

やっとのこと自分の肌に合うスキンケア用品に出会えたのもつかの間、今度は就職活動が始まり化粧をしなければならないので自分に合った化粧品を見つけてこなければならず正直うんざりしました。

学生の頃とは違い社会人として化粧をしないのはさすがに恥ずかしいので渋々ネットで探してみたり、店員さんに相談してみたりしてやっと見つかったのですが、その頃には合わない化粧品と就職活動のストレスで肌がさらに荒れてしまいいつの間にか顔にシミまでもが出来ていました。

もちろん、私の日々の生活習慣が悪かったことも原因の一つではあると思いますが、自分の肌質をきちんと理解できずにいろいろ試しすぎてしまったのも原因なのではないかと思います。

今思えばちゃんと自分の肌の状態を確認しパッチテストをしてからにすれば良かったと後悔しています。