顔のシミに関して

元々、顔のパーツでも鼻周りは皮脂が多く、口周りが乾燥しやすいタイプで、顔のシミに関して気になりだしたのは20代半ばからの女性です。

中学生くらいから、日焼け対策に値段の安い日焼け止めは夏には塗っていましたが、日に何度も重ね塗りするような事はしていませんでした。

中学は運動部だった為、真っ黒に日焼けしながらもシミを気にした事はなく、高校に入ると文化部に。

それでも美白ブームから日焼けするのは嫌で夏には日焼け止めは塗っていました。

大学卒業後くらいから目元のシミが気になりだし、働き始めて経済的に余裕が出来ると、錠剤のシミ、肌荒れ用の薬やシミ消し用クリーム、ドラックストアで勧められた顆粒の飲むタイプのシミや美白に効果的なものなど使ってみました。

が、どれもすぐに効果的があらわれるものでもなく、少しの期間使ってうやむやになりました。

今は、日焼け止めと保湿はスキンケアとしてしていますが、シミに関してはこれといって対策をしていません。

そのせいか、妊娠した為かは分かりませんが、最近は以前にも増して目元のシミが増えたように感じています。

下地クリームとファンデーションを塗って化粧でシミを誤魔化してはいますが、朝の洗顔の時に素肌をみてがっかりすることもしばしばです。